診療案内

当院では、内科(一般内科)に加えて、専門医として呼吸器疾患の診療を行なっています。

内科

内科では、風邪やインフルエンザ、急な発熱、腹痛、下痢などを診療します。 内科診療では、問診が非常に大切です。喉やお腹の痛みが、いつからはじまって、どれくらい辛いのかなどをお伺いすることで、それが風邪によるものなのか、もっと深刻な病気なのかを推測するのが医師の仕事です。

当院では、患者さんから体の状態を詳しく聞き取ることで、検査を必要最低限にし、最短の適切な処置を行なうことを心がけています。

検査が必要な場合、当院では血液検査、超音波検査、心電図、レントゲン、肺機能検査などの検査を行ないます。消化管の内視鏡検査については、患者さんのご希望を聞いた上で、地域の中核病院などを紹介させていただいております。

生活習慣病

糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症など、主に中年期以降に発症する病気です。自覚症状はほとんどありませんが、進行するとさまざまな疾患の原因になります。
名前が示す通り、普段の生活習慣が引き起こす病気ですが、遺伝的な素因も大きいと考えられています。たとえば、ご両親が糖尿病だという方は、そうでない方と比べて発症する可能性が高いということです。むしろ「主に遺伝的素因がある方が、望ましくない生活習慣によって発症する病気」といえるでしょう。

予防・治療には、体質改善が第一になりますが、遺伝的素因をもつ患者さんのなかには、食生活を変えたり運動したりしただけでは治らない方がいらっしゃいます。このような患者さんには、お薬での治療が必要です。
当院では、お仕事などでなかなか来院できない方がお薬を切らすことがないよう、2カ月分(事情によっては90日分)の処方をしています。

糖尿病について

糖尿病は、生活習慣病のなかでも、もっとも深刻な病気といえます。とくに怖いのは、合併症のひとつである「細小血管症」。糖尿病によって細小血管(毛細血管)が病変すると、網膜や腎臓、神経に障害が出てきます。たとえば糖尿病腎症は、腎不全を引き起こす大きな原因とされています。

糖尿病は、肥満、暴飲暴食、運動不足などによって発症します。糖尿病治療は、食事を中心とした生活習慣の指導と投薬が中心になります。
ただし、投薬量が多くなると、どうしても副作用のリスクが高まるので、当院では、患者さんの症状と診療経過をしっかりと把握した上で、できるだけ少ない投薬で効果的な治療が行なえるように心がけています。

呼吸器内科

COPD(慢性閉塞性肺疾患)や喘息などの慢性呼吸器疾患を診療します。
当院が専門とする分野のひとつです。

健康診断・予防接種

40歳を過ぎたら、年に一度は健康診断を受けましょう。
インフルエンザやはしかなどの任意予防接種も行ないます。

ご予約・ご相談はお気軽に

内科・呼吸器内科・生活習慣病でお悩みでしたら、大宮駅徒歩10分の竹沢クリニックまで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

b_pctel.png